09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
災害ボランティアコーディネーターの活動を中心に、日々の情景を切り取ってお知らせします。
--
--/--
--
--:--:--
スポンサーサイト
Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --
2008
09/05
Fri
12:30:00
Category【 AED 】
9月2日の中日新聞に『AED現場近く設置を』という記事が掲載されていました。
中日新聞をとってないバーニーは、Soohさんから教えて頂き、急ぎ新聞を調達して読みました。

内容は、一昨年、新潟県は糸魚川市の少年野球チーム所属の小学校4年生の男の子が、準備運動のランニング中に突然、急性心不全を起こし、心臓マッサージの甲斐なく死亡した、というものでした。

このような運動中の突然の心臓の不調は子供に多いらしく、以前にも紹介したかと思いますが、高校生でも胸にボールを受けた衝撃で心不全を起こし、死亡したというケースもあります。

心臓は、伸縮中の特定のタイミングで強い衝撃を受けると、いわゆる『細動(不整脈)』を起こす事があるのだそうで、特に胸骨が未発達な13~15歳の子供たちに多いのだとか。1997年からの統計では、全国で24件(2件/年 平均くらい)の報告があるそうです。

この少年が倒れた当時、現場から200メートルほど離れた場所にAEDが設置されていたそうですが、少年の母親を含め、普段から気を留めておらず、事故の後で、「AEDがあれば、助かったかもしれない」と考えるようになったそうです。
現在は、AED設置の普及に努められているそうです。

AEDは、購入すれば1台30万円前後ですが、リースすれば年間5~6万円程度の出費で済みます。
重量は2~3kg程度で、子供でも運搬できる重さです。バーニーも講習時に持ってみましたが、たいした重さを感じないくらい軽かったのを憶えています。
そのくらいですから、学校はもとより、少年野球チームでも携行するところが増えているそうです。


ところで、皆さんは、自分が良く行く場所の近くにAEDがあるかどうか、あるとすれば、どの位置に、どのような形で設置されているか、知っていますか?
バーニー自身、よく思うのですが、自分の居場所の近くのどこにAED設置場所があるのか、わからないときの方が圧倒的に多いと思うのです。

バーニーもよくお世話になる飯田市の社会福祉センターにもAEDは設置されていますが、建物内のどこに、どのような形で設置されているのかを知ったのは、実はごく最近の事でした。
ましてや、めったに行かないような所では、果たして近所にAEDがあるのかどうかさえわかりません。

行政でも、公費で設置したAEDについては把握しているものの、民間企業の設置状況については、情報保護の壁もあって、把握できないのが現実であると聞きました。

「あの時AEDがあれば助かったかも・・・」という事故を1件でも減らすためには、設置と情報開示の両方が欠かせないと思うのです。


バーニー自身、AED設置場所の情報開示ができるようにしたいと思っており、Soohさんに相談したりしています。
(Soohさん、いろいろとありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。今後もよろしくお願いします。)


1人1人の力は小さいけれど、みんなの力を持ち寄れば、きっと大きな力になります。
そんな気持ちで、AED設置場所の情報開示ができるように、力になれればと思っています。
その時は、皆さんのお力をお借りできればと思います。


最後に、今回取り上げさせていただいた皆様、並びにご遺族の皆様に、心よりご冥福をお祈り申し上げます。



追伸:この記事を書いた後で、ネット検索していたら、全国のAED設置場所が検索できるページを見つけました。
その名も『AED設置場場所検索』というページです。
これは、財団法人日本救急医療財団という団体が管理しているページで、予め設置場所を登録すると、都道府県、住所、施設名、そしてカテゴリ(例えば医療施設とか公園とか)で検索できる仕組みのようです。
ちなみに、飯田市で全検索してみたら、20件の登録がありました。
公開されているデータはすべて、事前に了解を得たもののみのようで、このあたりは情報公開の難しさを感じるところです。
一覧形式で表示されるので、ちょっと見難さを感じましたが、興味のある方はぜひご覧になってみて下さい。

ほかにも、AEDマップを検索した結果が載っているページもありました。
AEDマップ関連サイト
バーニーも参考にしたいと思っています。

タグ : AED

tracback 0  |  comment 0
2008
09/05
Fri
08:52:01
岡崎市災害ボランティアセンターの活動状況 続報です。

8月29日に設置しました防災ボランティア支援センター
を9月7日(日)17時をもって終了することに決定したそうです。


今回の被害状況並びにセンターの活動状況は以下のとおりです。

被害状況(県域)(9月3日午後2時00分発表):
    人的被害 死亡2名 行方不明者0名
    半  壊 1世帯(名古屋市)
    一部破損 2棟(ほか名古屋市で1世帯)
    床上浸水 0棟
    (最大値1,020棟 ほか名古屋市で1,149世帯)
    床下浸水 0棟
    (最大値2,763棟 ほか名古屋市で8,060世帯)

災害ボランティア活動(9月3日実績):
    活動実績:
    ニーズ受付     24件
    ニーズ対応     30件(9月2日までの受付分の対応を含む)
    ボランティア受付 201名
    活動内容:
    被災世帯の家財道具の運び出し、室内の清掃、泥出し 他
    
職員派遣(実績)
    8月31日 県社協3名、市町村社協 12名
    9月 1日 県社協3名、市町村社協 7名
    9月 2日 県社協3名、市町村社協 25名
    9月 3日 県社協3名、市町村社協 28名
    9月 4日 県社協3名、市町村社協 22名(予定)
    活動期間:8月30日~9月7日(8:30~17:00)

*センターでは、9月4日までに延べ1,918人のボランティアの方が
277件の被災者のニーズに対応しましたが、その活動もほぼ終息を迎えた
ことから、岡崎市はセンターを運営する社会福祉協議会、ボランティア団体
等からの意見も踏まえ、9月7日(日)17時をもって終了することに決定
しました。
また、9月5日(金)からのボランティア募集につきましても見合わせる
ことにしました。
 9月8日(月)以降については、岡崎市社会福祉協議会において、被災者
の支援をしていきます。

*センターでは、9月2日、被害の大きかった伊賀町に近い元能見町に
サテライトセンターを設置し、被害現場とボランティア支援センターとの
中継地点として、支援活動を実施しております。
 活動内容:家具の運び出し、泥だし、家屋内の清掃など


2週間弱でしたが、活動されたみなさん、お疲れ様でした。
完全復旧までは、まだかかると思いますが、頑張って下さい。
2008
09/01
Mon
22:05:22
愛知県内での災害ボランティアの活動に関する続報です。

岡崎市のセンターでは引き続き活動中で、ここのブログ(リンクです)で、活動の状況が確認できます。
新しい情報についても、このブログで確認できますよ。

また、他の愛知県内の状況も公表されており、名古屋市内でも支援センターが設立されるとともに、岡崎市と名古屋市では災害救助法の適用がなされたそうです。
その他の愛知県内の関係機関のリンクが、
このページ(リンクです)に載っています。

まだまだ現地では混乱が続いているようです。
被災された皆さまには、1日も早い心の安らぎと安心して生活できる環境の確保ができますよう、心から願っています。
2008
08/30
Sat
21:51:10
去る8月28日未明からの、愛知県内の集中豪雨はかなりの被害をもたらし、特に岡崎市では、400世帯以上が床上浸水による被害を受けました。
その岡崎市で、災害ボランティアセンターが設立されました。

この情報は、愛知県社会福祉協議会のHPに掲載されており、既にボランティアセンターのブログも立ち上がっています。
愛知県社会福祉協議会ブログ

このブログによれば、現在、愛知県内からのボランティアのみ募集しており、県外からのボランティアには遠慮を願っているようです。
また、支援物資の受付は行っていないとの事です。
詳しくはブログをご覧下さい。


ここで、バーニーから、愛知県外に住むみなさんへお願いです。
現在、多くのボランティアが現地入りしても対応できる状況になく、そのあたりを見越した上での行政・社協の判断だと思います。
現地へ行かなくても支援できる事は必ずあります。
現地のボランティアセンターの指示に従い、マナーを守るようにしましょう。

また、今後も暫くは悪天候との予報も出ています。二次災害の可能性もあります。興味本位で現地入りすることは絶対に避けてください。

バーニーの所属する飯田災害ボランティアコーディネーター連絡協議会も、愛知県の団体と交流がありますが、現在、現地入りについては様子を見ている状態です。


ちなみに、バーニーにも岡崎市在住の知人がおり、29日朝に安否や災害の程度など、電話で確認しました。
幸い、その知人は被害に遭遇せずに済んだとの事ですが、やはり現地は騒然としているようです。


本件については、バーニー自身も情報収集に動いています。今後に新たな展開等があれば、当ブログでも随時紹介をしていきます。

全開のブログでも書きましたが、今後、日本でもこのような集中豪雨が増えることが予想されています。決して人事ではないと思います。
みなさん、それぞれにできる事から始めませんか。
2008
08/29
Fri
21:22:24
Category【 ボランティア 】
去る8月16日、栃木県鹿沼市において、集中豪雨により高架下で軽乗用車が水没し、女性の方が無くなられた事故は記憶に新しいところです。
車中で亡くなられた女性は、必死に携帯電話で助けを求めていたそうですが、ドアも開かず、水嵩はどんどん増してくるし、恐怖でいっぱいだった事と思います。

昨日のニュースでも、世界的な異常気象のため、日本でも今後、このような集中豪雨が増加するだろうとの話がありました。
私たちにとっても、もはや人事ではないと痛感をしました。

そこで、水没していく車の中に取り残されたら、どうすれば脱出できるか、というおはなしをしたいと思います。

まず、ドアが開かなくなる原理について。
 水嵩が増してくると、ドアに水による力がかかるようになります(水圧、といいます)。この時、ドアの外と中では、当然ドアの外の方が水の高さは高いわけですが、ドア内外の水の高さの差が、そのままドアにかかる水圧の差となります。
この力が想像以上に大きく、大人が力いっぱいドアを押してもびくともしないくらい、水による力は大きいのです。


この状態でガラスを開ける事ができれば、ガラスを開けて、そこから車外へ出る事もできます。
しかし、最近の車はパワーウィンドウ。電気がストップすればガラスは開きません。力いっぱいガラスを押し下げることができれば良いのですが、ぴったりと締めていれば、指をかけることもできません。
ガラスを割る道具があれば、それを使うのも1つの手ですが、ガラスを開けると一気に水が入ってくる事もあるので、そこでパニックになると、脱出は難しくなりますから、落ち着いて、ね。

で、ガラスが開かないとなると、脱出手段はただ1つ。
完全に水没するのを待つのです。
「えー」という声が聞こえてきそうですが、考えてください。ドアが開かないのはドア内外の圧力差があるからで、ドアの内外とも完全に水に沈んでしまえば、圧力差はなくなり、ドアは簡単に開くようになります。
それに、完全に密閉された車というのは、案外沈まないもので、海などに落ちても5分程度は浮いているんだそうですよ。

ただし、そうは言っても穴は結構あるので、そこから水が浸入して空気は減るわ、恐怖との戦いになるわ、は必至です。
そうなる前に脱出方法があれば、それを試みられれば、それに越した事はないと思います。

ちなみに、この実験を実際に行い、その結果を公表しているサイトがあります。
水没車からの脱出実験

こっちの方が、より詳しく、しかもより整理された形で紹介されています。
しーっかり参項にしてみてください。

多分、こんな状況に陥ったら、恐怖でパニックになってしまいそうですが、まず落ち着く事が何よりも大切なんだとか。きっとバーニーには無理(汗)。


こんなちょっとした知識が命を救う事もあると思うんで、今日はこんなおはなしをしました。
最近、豪雨が多いですよね、お互い、充分に気をつけましょう。
水は本当に恐いです。

最後になりましたが、栃木の水没事故で亡くなられた方、及びご遺族の方に、心よりご冥福をお祈りいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。