05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
災害ボランティアコーディネーターの活動を中心に、日々の情景を切り取ってお知らせします。
--
--/--
--
--:--:--
スポンサーサイト
Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --
2008
04/26
Sat
22:29:37
さて、災害ボランティアになるには、なんてお題を掲げてしまいましたが、ぶっちゃけ、被災地に設置された災害ボランティアセンターに行って「災害ボランティアしたいです。」と言えば、誰でも災害ボランティアになれちゃうのです。

かくいうバーニーだって、最初はそうでした(今でもそうですが・・・)。

これを読んで、「よし、行ってやろう」と思ったあなた、ちょっとお待ちなさい。
少なくとも被災地へ行くわけですから、事前調査なるものはしっかりとやってくださいね。
まずは、災害ボランティアセンターの場所。今は、たいていの災害ボランティアセンターでブログやHPを立ち上げますので、それを見て確認。
次に、被災地までのルート。通行止めはないか、公共交通機関は動いているか、など。
それから、寝る場所の確保だって重要ですよ。
心地よい季節だったら車内泊もできるけど、暑いとき、寒いときは車じゃあ大変。
安いビジネスホテルを予約しておくのも手ですよ。

これくらいの情報は前もって入手すべし。

でもって、後は行動あるのみ。

食べ物、飲み物を買ってきて、着るものを用意して、荷造りして、さぁ、被災地へしゅっぱーつ。
ボランティアですから、食べ物・飲み物は自分で用意すべし。アウトドア嗜好の人なら、食材と調理器具を持っていくって方法もあるし、カップラーメンを箱で持っていくのもありです。

で、現地に着くと、センターの窓口で『登録』ってのをします。これは、必ず毎日するんだけど、万が一ボランティアの身に何かあったとき、迅速に対応ができるように、今日はだれが、何人来てるか、センターのほうで管理するためなんです。
めんどくさいなんて言わないで。名簿に住所や名前などを書き込むだけで、登録完了!

これであなたも立派な災害ボランティアです。


でも、これだけは忘れないで。
災害ボランティアは、被災者の支援をするために行くって事。
最近は、被災地泥棒や、被災者に迷惑をかけるような行為をするボランティアの話が絶えません。
どうか、そんなことのないように心してください。

それと、被災地の方々は、多かれ少なかれ心に傷を負っています。
無邪気にはしゃぎまわらないように、くれぐれも落ち着いた対応を、ね。

実際に行ってみると、決して大人ばかり来ている訳ではないんですよ。
地元の学生さんや親子連れ、お年よりなどなど、年齢、性別関係なくボランティアをやっています。
みんなに共通しているのは「被災地をなんとかしたい」という思い。
これさえあれば、あなたも明日から災害ボランティア!

スポンサーサイト


管理人にのみ表示


TrackBack-URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。