06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
災害ボランティアコーディネーターの活動を中心に、日々の情景を切り取ってお知らせします。
--
--/--
--
--:--:--
スポンサーサイト
Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --
2008
09/12
Fri
23:18:50
9月12日夜、介助者講習に行ってきました。
正確には『専門職でなくできるリハビリテーション』というお題で、要は寝たきり老人などの介助を楽に行う事ができるように、という内容の講習です。
実はこの講習は第2回目。1回目から参加しているんですが、バーニーは全くの素人。まわりにはヘルパーさんや看護士さんと思しき人ばかり。果たして前回の内容を覚えているか、そして、知識も経験もない者に、理解が出来るのか・・・。

講師は市の福祉課に勤務の塚原先生。前回、なかなか面白い先生だなぁ、と思った記憶はあるんですが、習った内容は、すっかり忘れていました。
でも、専門職の方々も大半は忘れていたようです。とりあえず安心。

前回は、ベッドの上での楽な姿勢の作り方の基本を習いましたが、今回は復習とその応用です。
バーニーは主催スタッフとして参加してますので、あたかも関係者のような顔をしながら、みんなの様子を見てました(笑)。

で、寝たきりの方が楽な姿勢とは一体どういう姿勢なのか、という事ですが、逆に言えば、何で痛みを訴えたりするのか、という事を考えると解ってきます。
これには大きく2つの原因があって、
① 重力による作用が原因で、体のある1点、あるいは特定の部分に自分の体の重さが集中する事で、その部分の血行が悪化したり痛みを感じるようになる。
② 肉体的に不自然な姿勢が原因で、筋肉が緊張したままになったり、体の自由が奪われたりする。
と解釈しました。

①については、力学を習った人ならばすぐに理解できると思いますが、重力作用によって自重が体をベッドに押し付ける力が働きますが、その時に、ある1部にかかる力だけが大きいと、その部分の圧力が大きくなり、それが元で痛くなったりするという理屈です。
なので、圧力を減らしてあげれば痛みは軽減されます。そのためには、点で支えるのではなく、面で支えてあげる事が重要になります。
面で支える、というと難しいようですが、要はベッドと体の隙間にタオルなどで詰め物をして、隙間をふさいでやる事で、重さを面で支えられるようになって、かかる圧力が減る事で楽になる、という事なのです。

②については、人体の構造を理解していないと殆どわかりませんが、筋肉のつき方や働き方を考えながら詰め物をしてあげる事で、筋肉の緊張が解けていく、という事らしいです。

おおざっぱに言えば、こういう事らしいのですが、実際に体験してみなかったのでピンとこなかったです。
他にも、患者さんへの触れ方(安心できる触れ方)とか、細かい話が色々とありましたが、やはり素人、理解には限界がありました。

しかし、専門職でなくてもできるリハビリと銘打っただけあって、一般の方も参加していましたが、真剣に質疑応答を繰り返す中で、どうしたら良いか、皆さんヒントを掴んだようでした。
経験があるだけでもずいぶんと理解の仕方がちがうんだなぁ、と思ってしまいました。

RIMG0026.jpg
講習の様子です。

次回は10月10日(金) 19:00から飯田社会福祉センター1回です。
興味のある方は今からでも申込できます。
参加ご希望の方は、下記あてお問い合わせを。
  NPO法人 飯田ボランティア協会
  電話 0265-52-9152
  参加料:500円  持ち物:バスタオル、座布団またはクッション


スポンサーサイト


管理人にのみ表示


TrackBack-URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。