06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
災害ボランティアコーディネーターの活動を中心に、日々の情景を切り取ってお知らせします。
--
--/--
--
--:--:--
スポンサーサイト
Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --
2008
07/20
Sun
20:03:05
Category【 オムニバス 】
先日ご案内の豊丘太鼓10周年記念公演に行って来ました。
ちょっと暑いのが気になるけど、天気は良いし最高の外出日和。
(バーニーは暑いのダメなんで・・・)

会場は豊丘中学校の体育館。
会場建物

着いたのは開演20分ほど前。中に入ると・・・
会場内1
既にたくさんの人が。

で、体育館なので、当然エアコンなんてものはありません。そのかわり、
氷
な、なんとでっかい氷が置いてありました。
見ているだけで涼しい気分になりました(でも汗はかいたけど)。

カメラ片手に待つことしばし、会長さんと村長さんの挨拶に続き、演奏の始まりです。
1曲目は「天地」という曲。会長さんのソロで始まり、段々と奏者が入ってくる様はなかなかカッコよく、奏者が揃ってから、ドンドンと腹に響くサウンドに包まれ、暑いのも忘れて、すっかり聞き入ってしまいます。いきなり、引き込まれた、って感じです。
1曲目3

続く2曲目はシニアとジュニアによる「夏祭り」。
最初はシニアが、”若いもんにはまだ負けんぞ”と言わんばかりに太鼓を響かせます。
シニア2

そして、ジュニアと交代。なかなか可愛く、微笑ましい姿です。
でも、しっかりと太鼓してます。
ジュニア3

そして3曲目。「鼓童・鼓動・こどもたちへ」という曲。これは、会長さんの手による曲との事で、元々は村の保育園に贈った曲なんだそうです。
このエピソードだけでも、一層ググッ、と入ってしまうバーニー。
この曲もジュニアが大活躍。大人顔負けの堂々とした姿で舞台中央で太鼓を打ち鳴らします。
ジュニア5

実は、オリジナル曲だと聞いた時点で、「太鼓の曲の作曲って、できるの?」などと失礼なことを考えてしまいましたが、聞いてビックリ。ちゃんと太鼓の曲になってて(失礼)、感心するやら感動するやら。さっきまでの考えがすっかり改まっちゃいました(笑)。
演奏者も今日の暑さと演奏で汗だくの状態。会場もだんだんと熱気に包まれてきます。
いつのまにかバーニーも汗びっしょり(実はただの汗かきなんですが)。

で、4曲目は、阿智村の華楽(かぐら)とのユニット演奏。題して「鼓舞詩」。
この曲も、今日のユニットのために作られたオリジナルなんだそうで、これまたビックリ。
阿智コラボ5

奏者6人のうち、会長さん以外は全員女性でしたが、結構アップテンポな曲で、バチを動かす腕が
大変そう。でも、すっごくカッコイイ曲で、本日1番のお気に入りでした。


ここで、今日の舞台について。普通は正面に舞台があって、その前にお客さんが並んで聴くもんだと思って行ったんですが、ここは、舞台の両側をお客さんが取り巻いて、その真ん中で演奏するというスタイル。始まるまではちょっと違和感を感じましたが、演奏が始まってみると、舞台の幅が広く、お客さんとの距離も近いので、太鼓の音を全身で受け止められて、まさに、太鼓の醍醐味を満喫できる状態。お祭り好き太鼓好きにはたまらないかも。


ここまで一気に演奏。そして会長さんの再登場。5曲目の紹介です。
5曲目は「和み」といって、村内の家庭をイメージして作ったのだとか。そして、太鼓以外のあるモノを使っての演奏にチャレンジしてみたんだとか。ちょっとワクワクです。

演奏が始まってしばらく、あるモノが登場。それは、何と、一升瓶!
一升瓶をたたいて音を出しているんです。そして、さらに別のモノが。それは、フライパン!!
一升瓶は男性が、酔っ払ったお父さんをイメージしてたたいています。そして、フライパンは女性が、お母さんをイメージしてたたくのです。そのうちにシニアの方やらジュニアのみなさんやらがでてきて、まさに家庭の姿そのもの。酔っ払って居眠りしてしまったお父さんを、他の家族が起こそうとするシーンでは、太鼓の絶妙な音の演出も加わり、会場は笑いの渦に包まれたほど。最後は太鼓で締めましたが、楽しく、懐かしく、そして暖かい、そんな曲でした。
オリジナル1

楽しかった演奏も、いよいよ最後となりました。
ラストは、田楽座から指導してもらったという「海のお囃子」。田楽座とのコラボです。
太鼓の数もたくさんで、ラストにふさわしい、壮大で迫力のある、海の荒々しさと優しさをイメージさせる曲でした。
ラスト1
奏者の腕や体がブレてますが、それだけ動きがはやい、ってことです(バーニーの腕のせいではありません)。

ラスト2
センターの舞台上にいるのが会長さんです。口を開けてますが、目はいつになく真剣です。

で、会長さんの勇姿を1枚。
会長勇姿
あまりの速さに、カメラが追いつかなかった・・・かな?

この後、田楽座の公演がありましたが、バーニーはここで失礼を。
決して暑さにヤラれたのではありません。ただ、汗びっしょりになってしまったので(笑)。


地元にこんな良い芸能があるなんて、知りませんでした。多分、大勢の地元の方が知らずにいると思います。
実際のナマ演奏って、結構いいもんです。お祭りの太鼓とはまた違ったイメージで、ひとつの音楽ジャンルとして捉えることができた、本当に良い演奏会だったと思います。
ぜひ、機会があれば一人でも多くの方に見てほしいですねー。


今日の演奏を見て、このような小イベントからだんだんと飯伊地区全体のイベントへと成長することって、なかなかないけれど、地域の人たちみんなで成長させ、だんだんと大きなものにしていける何かがあれば、この地域もずいぶんと違ってくるんじゃないかなぁ、なんてことを考え、そんな何かをみんなと一緒になって作りたいなー、と思ったバーニーでした。


ところで、画像が荒かったり、ブレてたりしている写真が多くてホントにスミマセン。
どうやら、バーニーは、カメラマンには向かないようです(大汗)。


最後に、豊丘太鼓の会のみなさん、そして会長さん、今日は暑い中、本当にお疲れ様でした。
演奏を通して、みなさんの太鼓に対する真剣な姿勢に感動し、また、太鼓のナマ演奏の迫力に圧倒されました。今後も更なるご活躍をお祈りします。
また、ナマ演奏を聴かせてくださいね。今日はありがとうございました。
スポンサーサイト


管理人にのみ表示

祝 最大瞬間風速的 ランキング第1位
祝 最大瞬間風速的 ランキング第1位!(笑)
いつも楽しく読ませてもらっています。
やはり、コンテンツ と 更新のサイクルの為せる業なのですね。
今後にも期待していますよ。
Sooh | #- | URL | 2008/07/23 Wed  07:30 [ 編集 ]
Re:祝 最大瞬間風速的 ランキング第1位
Soohさん、ありがとうございます。
これも、Soohさんはじめ、大勢のみなさまのお陰と、心から感謝感謝です。
拙い文章ばかりでお恥ずかしい限りですが、これを励みに今後も頑張るつもりです。
これからもご愛読、よろしくお願いします。
バーニー | #- | URL | 2008/07/23 Wed  15:00 [ 編集 ]

TrackBack-URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。