06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
災害ボランティアコーディネーターの活動を中心に、日々の情景を切り取ってお知らせします。
--
--/--
--
--:--:--
スポンサーサイト
Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --
2008
06/08
Sun
23:33:43
Category【 新潟県中越地震 】
NHKの『SAVE THE FUTURE エコうた』という番組を見ていて、久しぶりに平原綾香さんの「JUPITER」を聴きました。

この「JUPITER」、原曲はホルストの組曲『惑星』なのは有名ですが、中越地震の時に、この曲を聴くと励まされる、ということで、ラジオ局へたくさんのリクエストが寄せられ、ついには復興支援ソングになったという曲です。

バーニーがこの事を知ったのは、中越地震から戻ってきてしばらく経ってからでしたが、普段何気なく聴いている曲が、人々を励まし、元気付けたなんて、こんなすばらしい事ってあるんだなぁ、と感動すると共に、バーニーもいつしか、この曲を聴くたびに当時を思い出すようになっていました。

当時のバーニーは所詮外様。現地の被災者の真の苦労までは理解できていなかったと思いますし、今でも本当の意味で理解はできていないと思います。
でも、被災者である人たち自らが歯を食いしばり、震災前と変わらない町に戻そうと必死になって頑張っていた姿、これはずーっと忘れられません。家に帰ると壁中ひびだらけで怖くて帰れないから、ボラセン(ボランティアセンターのこと)で仕事するの、と夜11時過ぎに言っていた女の子もいました。
彼らの後姿に、「負けるものか」という信念のようなものが見え隠れしていたような気がします。
彼らも、きっと、この曲を聴いて励まされていたに違いないと思うのです。

そんな事を思い出しながら聴いていたら、不覚にも涙が。
自分にとってもはじめての災害支援、そこで見た様々なもの、出会ったたくさんの人たち、その姿が思い出され、思わず泣けてきたのだと思います。

今こうして執筆している最中も、ふと気を抜くと涙がこぼれそうになります。それほど強烈な思い出だったのでしょうか?バーニーにはわかりません。
ただ、地元を愛し、そこを自分たちの手で復興させようという強烈な姿は忘れる事ができません。
唯々一生懸命に見えたことだけが、強烈に思い出されます。

そんな人たちの心を癒し、励ました平原綾香さんの「JUPITER」。バーニーの大好きな曲の1つです。
スポンサーサイト


管理人にのみ表示


TrackBack-URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。