09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
災害ボランティアコーディネーターの活動を中心に、日々の情景を切り取ってお知らせします。
--
--/--
--
--:--:--
スポンサーサイト
Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --
2008
05/25
Sun
21:28:17
災害時の飲料水について
Category【 オムニバス 】
我が家は、信州の山奥なので、車でちょっと移動すれば、何箇所か清水のでる場所があります。
中には日本名水百選にもある「さるくらの泉」もあり、おかげでいろんな水を飲み比べできるという、結構恵まれた環境に住んでいます。
そんな我が家がここ1年ほど、とある清水から水を汲んでは飲料水に使ったりご飯を炊いたりと、いろんなことに使っています。
実は先日も、懇意にしていただいている、Soohさんにもたっぷりと?おすそ分けをさせていただきました。
 そんなこんなで、現在我が家には、2リットルのペットボトルで常時10本以上の水が冷蔵庫に眠っています。

で、思い出したんですが、人間1人が1日に消費ずる水の量は、2~3リットルと言われています。
よく、防災グッズのリスト等に飲料水って書いてありますが、実は我が家でも、この習慣がはじまるまでは、飲料水のストックなんて行ってもいませんでした。
今では常に20リットル以上が確保されるようになりました。といっても、件の清水までは車で30分程度。毎週誰かが汲みに行っている状態ではありますが・・・。

我が家は3人暮らし。1日平均2リットルを消費するとしても、3日以上のストックがあるというのは、正直安心できるものです。
以前は、そんなに大量の水をどうやって備蓄すればいいんだろう・・・?と悩んでいましたが、今は消費と合わせて、大した負担にもならずに備蓄が可能になりました。


とはいっても、バーニーのような環境ひとばかりではないでしょう。特に大都市圏に住む人々にとっては、結構深刻な問題なのではないでしょうか。

水も腐敗しますが、殺菌されたミネラルウォーターなど、1年以上持つものもありますし、浴槽のある家庭でしたら、残り湯を捨てずにおいて、飲料水用の濾過フィルターを用意しておく、なんて方法もあります。
実際、バーニーは、清水のストックが始まるまでは、某西欧のミネラルウォーターを何本も購入し、スト
ックしていました(年に1回は使用して、新しいのを補充していました)。


あと、極端ですが、出した直後の尿も飲料として使用できる、という話を聴いた話があります。
先日の四川大地震の際にも、自分の尿を飲んで生き延びた男性が救出された、という話を聞きました。きっとこの男性は、尿が飲めることを知っていたのではないでしょうか?

規模の差こそあれ、災害時に生き延びる事は、サバイバルであるとバーニーは思っています。
四川大地震を見るまでもなく、衣食住の全てを基本的に、自力で用意しなくてはならなくなるのですから。

きょうはおしまい

スポンサーサイト


管理人にのみ表示

いつも、ありがとうございます。
バーニーの水、ありがたくも、美味しく頂戴しています。
苦労して汲んで下さった水となれば、一塩です。
というわけで、今度は、「かんてんパパ」の水でお返ししましょうか…
お楽しみに。
Sooh | #- | URL | 2008/05/28 Wed  15:36 [ 編集 ]

TrackBack-URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。