09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
災害ボランティアコーディネーターの活動を中心に、日々の情景を切り取ってお知らせします。
--
--/--
--
--:--:--
スポンサーサイト
Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --
2008
04/26
Sat
21:01:55
身近な危険のこと
Category【 オムニバス 】
今日は朝から一日お出かけ。
寒かったので、パーカーを一番上に着て出掛けました。
このパーカー、裾の部分が絞れるように紐があるタイプ。

この紐が曲者でした。
目的地に着いて歩いていると、ガードレールや木の枝に次々と紐が絡みつき、その度に紐をほどく羽目に。
すっかりうんざりしながら、それでも寒くて脱ぐわけにもいかず、紐がなるべく長く伸びないようにと気を使っていました。

さて、すっかり用事も済ませ、帰宅の途上、喉が渇いたと自動販売機のある場所で停車し、ドアを開け、降りかけたところで体が引っ張られました。

よく見ると、紐がシートレールの間に挟まっているではありませんか。
慌てて紐を外し、ようやく飲み物を購入。
で、今度は車に乗ってドアを閉めたら、紐がドアに挟まっているのを発見。
ドアをもう1回開け、紐の伸びを直してから、ようやくドアを閉めました。

このように、着物の紐が引っ掛かり事故を起こす事は、たびたび報道されるとおりですが、まさか自分があわやその羽目になるところだったとは・・・。

身の回りにある思いがけない危険を再認識した1日でした。


比較的大規模な危険は誰しも予想できるものですが、このような危険は、身をもって経験しないとなかなかわからないものですね。

これが大型の機械などに巻き込まれていたら、命を落としていたかも知れません。
そう思うと、案外バカにできないんだなぁ、と思います。
明日も1日お出かけですが、このパーカーは置いて行こうと決めたバーニーでした。

おしまい

スポンサーサイト


管理人にのみ表示


TrackBack-URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。