05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
災害ボランティアコーディネーターの活動を中心に、日々の情景を切り取ってお知らせします。
--
--/--
--
--:--:--
スポンサーサイト
Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --
2008
04/17
Thu
21:50:12
Category【 新潟県中越沖地震 】
最近は、災害に対する様々な対応が迅速になり、被災から1ヶ月もすると、一見被災地とは思えないほどの状態になることは、前回にお話したとおりですが、実は、中越沖地震よりも、怖さを感じたことがありました。

北陸自動車道を柏崎市へ向け車を走らせていると、柏崎市に近づくにつれて、道路が波打っているのがわかりました。それも、近づくにつれ、波が大きく、所々損壊した部分もあります。そんな時「ここで地震に遭遇したら、自分はどうなるんだろう」という思いがよぎりました。
そんなことを考えながら運転していると、目の前にトンネルが。
中に入ったとたん、心の底から震えるような恐怖が。
「このトンネルの中で地震に遭遇したら・・・。」

案外、人事と考えていたのは、実は自分だったのではないか。

今になって思い出すと、あのとき、初めて我が事として考えられたのだと思います。
でも、きっと、被災された皆さんは、この何倍もの恐怖の中を生き抜いてきたのだと思います。
それができたのは、お互いに助け合ったからこそであると思います。

アルベール・カミュは、著書「シーシュポスの神話」の中で、生きることの不条理を述べていますが、それでもなお人は、互いに助け合いながらが生きようとするものだ、と説いています。

この教訓を忘れずに、毎日を過ごしたいと願うバーニーです。
スポンサーサイト


管理人にのみ表示


TrackBack-URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。