08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
災害ボランティアコーディネーターの活動を中心に、日々の情景を切り取ってお知らせします。
--
--/--
--
--:--:--
スポンサーサイト
Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --
2009
07/12
Sun
20:53:43
わが所属します「飯田災害ボランティアコーディネーター連絡協議会(以下「災ボコ」)」では、今年の秋、飯田下伊那にお住まいの方々を対象とした学習会を開催します。

今回の学習会は、地元飯田下伊那の過去の災害の歴史や、災害ボランティアの活動などを学ぶことを通じて、地域全体の防災力を高める事を目的とし、われわれ災ボコも初の試みとなります。
会場は、飯田勤労者福祉センター。日程と内容は以下を予定しています。

第1日目 平成21年8月22日(土) 13:00~16:30
 ・飯田災害ボランティアコーディネーター連絡協議会の活動と課題について
 ・災害とボランティア活動について、阪神淡路大震災の教訓などについて
 ・飯田市の防災体制の現状と活動について
 ・防災用品などの展示(非常持ち出し用具、家具固定用具など)

第2日目 平成21年9月26日(土) 9:00~16:00
 ・飯田下伊那の消防体制と防災について
 ・伊那谷活断層と災害について
 ・非常食料試食会(昼食にかえて)
 ・図上訓練「我が家・家族が災害に襲われたとき」

第3日目 平成21年10月31日(土) 9:00~16:00
 ・飯田下伊那が災害に襲われたとき
   ① 飯田市社協の取り組み
   ② 飯田地区内での防災組織の取り組み
 ・ボランティア活動体験報告
 ・ボランティアセンター立ち上げ訓練

日程を見てお解りのように、3日間にわたる学習会のため、「この日は都合が悪いから・・・」という方もいらっしゃるでしょう。
基本は3日間とも参加できる方ですが、1日だけ、2日だけ参加してみたい、という方も大歓迎です。

ただし、学習会の参加料は、3回1セットで1,500円ですので、そこをご理解のうえ、お申し込みくださいね。


ちなみに、3回とも参加された方は、終了証を授与されますので、がんばってね。


ここ数年、飯田下伊那地区では、このような大規模な学習会の開催がありませんでしたので、災害について知りたい方、ボランティアについて興味のある方は参加してみると面白いですよ。
なんといっても、バーニーが司会を務めるので、「あいつがバーニーか」というのがわかりますから(笑)。


最後に、お問い合わせは、
飯田市社会福祉協議会
〒395-0024 長野県飯田市東栄町3108-1(さんとぴあ飯田内)
TEL 0265-53-3040
FAX 0265-53-3186
までおねがいしまーす。


※現在、内容の詳細など詰めている最中です。状況によっては、内容の一部に変更などが生じることがありますので内容の詳細などは追ってご紹介していきたいと思います。

地元の皆さんの大勢のご参加をお待ちしていまーす。地元でなくても大歓でーす。

またね。
スポンサーサイト
2008
09/12
Fri
23:18:50
9月12日夜、介助者講習に行ってきました。
正確には『専門職でなくできるリハビリテーション』というお題で、要は寝たきり老人などの介助を楽に行う事ができるように、という内容の講習です。
実はこの講習は第2回目。1回目から参加しているんですが、バーニーは全くの素人。まわりにはヘルパーさんや看護士さんと思しき人ばかり。果たして前回の内容を覚えているか、そして、知識も経験もない者に、理解が出来るのか・・・。

講師は市の福祉課に勤務の塚原先生。前回、なかなか面白い先生だなぁ、と思った記憶はあるんですが、習った内容は、すっかり忘れていました。
でも、専門職の方々も大半は忘れていたようです。とりあえず安心。

前回は、ベッドの上での楽な姿勢の作り方の基本を習いましたが、今回は復習とその応用です。
バーニーは主催スタッフとして参加してますので、あたかも関係者のような顔をしながら、みんなの様子を見てました(笑)。

で、寝たきりの方が楽な姿勢とは一体どういう姿勢なのか、という事ですが、逆に言えば、何で痛みを訴えたりするのか、という事を考えると解ってきます。
これには大きく2つの原因があって、
① 重力による作用が原因で、体のある1点、あるいは特定の部分に自分の体の重さが集中する事で、その部分の血行が悪化したり痛みを感じるようになる。
② 肉体的に不自然な姿勢が原因で、筋肉が緊張したままになったり、体の自由が奪われたりする。
と解釈しました。

①については、力学を習った人ならばすぐに理解できると思いますが、重力作用によって自重が体をベッドに押し付ける力が働きますが、その時に、ある1部にかかる力だけが大きいと、その部分の圧力が大きくなり、それが元で痛くなったりするという理屈です。
なので、圧力を減らしてあげれば痛みは軽減されます。そのためには、点で支えるのではなく、面で支えてあげる事が重要になります。
面で支える、というと難しいようですが、要はベッドと体の隙間にタオルなどで詰め物をして、隙間をふさいでやる事で、重さを面で支えられるようになって、かかる圧力が減る事で楽になる、という事なのです。

②については、人体の構造を理解していないと殆どわかりませんが、筋肉のつき方や働き方を考えながら詰め物をしてあげる事で、筋肉の緊張が解けていく、という事らしいです。

おおざっぱに言えば、こういう事らしいのですが、実際に体験してみなかったのでピンとこなかったです。
他にも、患者さんへの触れ方(安心できる触れ方)とか、細かい話が色々とありましたが、やはり素人、理解には限界がありました。

しかし、専門職でなくてもできるリハビリと銘打っただけあって、一般の方も参加していましたが、真剣に質疑応答を繰り返す中で、どうしたら良いか、皆さんヒントを掴んだようでした。
経験があるだけでもずいぶんと理解の仕方がちがうんだなぁ、と思ってしまいました。

RIMG0026.jpg
講習の様子です。

次回は10月10日(金) 19:00から飯田社会福祉センター1回です。
興味のある方は今からでも申込できます。
参加ご希望の方は、下記あてお問い合わせを。
  NPO法人 飯田ボランティア協会
  電話 0265-52-9152
  参加料:500円  持ち物:バスタオル、座布団またはクッション


2008
08/18
Mon
20:45:27
ハンディを持つ人たちも持たない人も、老若男女問わず、同じ地域で暮らす人たちが「共に生きる社会づくり」を目指して、イベント「ふれあい広場」が開催されます。

今日はそのご案内。

開催日は8月22日(金)から24日(日)の3日間、場所は飯田勤労者福祉センター(別名、さんとぴあ飯田)です。

催し物はというと、木工体験やフリーマーケット、チャリティーオークションにバザー、それに屋台村なんてのもあります。そして、地元団体によるステージ出演や、映画の上映なんてのもあります。
詳しくは
ふれあい広場1
パンフレット(表)

ふれあい広場2
パンフレット(裏)

を見てね。


お薦めは映画。「とべないホタル」というアニメ映画なんですが、生まれつき飛べないホタルのピピと仲間たちの友情と冒険を描いた映画で、藤田淑子さんや久米明さん、浜村淳さんといった有名人が声優をつとめていたり、主題歌は松任谷由美さんが歌っていたりと、子供さんから大人の方まで楽しんでいただける映画です。
とべないホタル
上映時間などは、これを見てね。

でも、なんと言っても最高のお勧めは、ステージコーナー。
理由は、バーニーが担当してるから(ヒンシュク~)。でもホントです。
開催は24日(日)の午前10時からなんですが、太鼓の演奏あり、よさこいソーランあり、ハーモニカ演奏あり、マジックありといろんな団体が次々に出演して、大賑わい間違いなしです。
先日紹介しました、豊丘太鼓さんも駆けつけてくれます(ちょうど12時頃)。
豊丘太鼓のHPはこちら)


実はバーニー、参加は初めてなので、ちょっとドキドキ。といってもステージで踊るわけじゃなくって、あくまで裏方です(バーニーに会えると思った人、ザンネン!)。
でも、23日と24日は現場にいますので、バーニーファンはぜひ来て(サイン会はないけど・・・)。
バーニーファンでなくてもぜひ来てほしい「ふれあい広場」。スタッフ一同頑張りまっせ。

※チャリティーオークション、バザーによる収益金は、ボランティアの育成やその活動資金として使用するほか、災害発生時のボランティア活動用基金として、大切に活用させていただきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。