06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08
災害ボランティアコーディネーターの活動を中心に、日々の情景を切り取ってお知らせします。
--
--/--
--
--:--:--
スポンサーサイト
Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --
2010
01/24
Sun
21:47:01
Category【 ボランティア 】
今日は、喬木村で開催された災害ボランティアの講演会へ行ってきました。

講師は、NPO法人東京いのちのポータルサイト幹事の中橋徹也さん。以前、バーニー所属のサークルでも講師をお願いした方です。
お題はズバリ「地域防災とボランティア」!うーん、どんなお話がでてくるやら。


結論を言いますと、バーニーにはかなり衝撃的なお話でした。
というのも、普通は一般論に終始することが多いので、実際に被害に遭うことの実感がないんですが、今回はいきなり、「喬木村に本当に災害は起きるのか?」という質問から入ったんですから。
それに、自分が井の中の蛙だった事を思い知らされてしまいました。


喬木村、というよりも飯伊地区と置き換えても良いと思いますが、例えば地震ですと、向こう30年間に、震度6弱の地震に見舞われる確率が約32%。中越沖地震の柏崎市が約12%だったことを考えると、その3倍もの確率!
これは高いですよ、と実感。
次に水害。喬木村は昭和36年、38年と水害に遭っていますが、ここ10年はゲリラ豪雨や1日に200mmを超えるような集中豪雨が増えていて、床下・床上浸水の可能性はもちろんの事、花崗岩質の丘陵地が多いので土砂災害も充分に予想されるのだとか。
これだけでも「ヒエ~、これって、生き残れるんかいな??」てな気分でしょ。

その上、阪神大震災の時、埋まった人たちの多くが隣近所の人たちの手で救助されたのに対し、高齢者の1人暮らしの多いこの地域、果たして隣近所で助け合いできるでしょうか?との問いに、会場は「シ~ン」(汗)。


この事に関し、災害時には隣近所で構成される「コミュニティー」が欠かせないと、中橋さんは言います。それも、家族構成はもちろんの事、家の中まで知っていて、いつでも気楽に行き来できるくらい緊密な関係がないと駄目だと言います。
昔の日本にはこれがありましたが、近所で集まるようなイベントの減少に伴い、このような関係も薄れていったようです。

阪神では、驚異的な短時間で全員を助け出した地区があったそうです。その地区の人たちは、互いに「誰さんは、どこの部屋でどっちを向いて寝ている」ことまで知っているほど親密なコミュニティーだったそうで、その情報を元に、寝室めがけピンポイントで屋根を破れたから、あっという間に助け出せたんだそうです。


バーニーも、一部のご近所さんを除くと挨拶程度のお付き合いしかしていないことを思い出し、恥ずかしくなりました。自分の足元を固めずに、今までエラそーなこと言ってた自分が嫌になりましたよ、ホント。


遠くの親戚よりも近くの他人、昔の人は良い事言いますよね(この例え、当たってるんでしょうか?不安だ・・・。)
スポンサーサイト
2008
08/29
Fri
21:22:24
Category【 ボランティア 】
去る8月16日、栃木県鹿沼市において、集中豪雨により高架下で軽乗用車が水没し、女性の方が無くなられた事故は記憶に新しいところです。
車中で亡くなられた女性は、必死に携帯電話で助けを求めていたそうですが、ドアも開かず、水嵩はどんどん増してくるし、恐怖でいっぱいだった事と思います。

昨日のニュースでも、世界的な異常気象のため、日本でも今後、このような集中豪雨が増加するだろうとの話がありました。
私たちにとっても、もはや人事ではないと痛感をしました。

そこで、水没していく車の中に取り残されたら、どうすれば脱出できるか、というおはなしをしたいと思います。

まず、ドアが開かなくなる原理について。
 水嵩が増してくると、ドアに水による力がかかるようになります(水圧、といいます)。この時、ドアの外と中では、当然ドアの外の方が水の高さは高いわけですが、ドア内外の水の高さの差が、そのままドアにかかる水圧の差となります。
この力が想像以上に大きく、大人が力いっぱいドアを押してもびくともしないくらい、水による力は大きいのです。


この状態でガラスを開ける事ができれば、ガラスを開けて、そこから車外へ出る事もできます。
しかし、最近の車はパワーウィンドウ。電気がストップすればガラスは開きません。力いっぱいガラスを押し下げることができれば良いのですが、ぴったりと締めていれば、指をかけることもできません。
ガラスを割る道具があれば、それを使うのも1つの手ですが、ガラスを開けると一気に水が入ってくる事もあるので、そこでパニックになると、脱出は難しくなりますから、落ち着いて、ね。

で、ガラスが開かないとなると、脱出手段はただ1つ。
完全に水没するのを待つのです。
「えー」という声が聞こえてきそうですが、考えてください。ドアが開かないのはドア内外の圧力差があるからで、ドアの内外とも完全に水に沈んでしまえば、圧力差はなくなり、ドアは簡単に開くようになります。
それに、完全に密閉された車というのは、案外沈まないもので、海などに落ちても5分程度は浮いているんだそうですよ。

ただし、そうは言っても穴は結構あるので、そこから水が浸入して空気は減るわ、恐怖との戦いになるわ、は必至です。
そうなる前に脱出方法があれば、それを試みられれば、それに越した事はないと思います。

ちなみに、この実験を実際に行い、その結果を公表しているサイトがあります。
水没車からの脱出実験

こっちの方が、より詳しく、しかもより整理された形で紹介されています。
しーっかり参項にしてみてください。

多分、こんな状況に陥ったら、恐怖でパニックになってしまいそうですが、まず落ち着く事が何よりも大切なんだとか。きっとバーニーには無理(汗)。


こんなちょっとした知識が命を救う事もあると思うんで、今日はこんなおはなしをしました。
最近、豪雨が多いですよね、お互い、充分に気をつけましょう。
水は本当に恐いです。

最後になりましたが、栃木の水没事故で亡くなられた方、及びご遺族の方に、心よりご冥福をお祈りいたします。
2008
08/26
Tue
19:49:29
『ふれあい広場』大成功
Category【 ボランティア 】
前にご紹介のとおり、22日~24日にかけて、飯田勤労者福祉センターで『ふれあい広場』を開催しました。
バーニーは23日にステージ設営、24日は本番と、2日間に渡ってお手伝いをしてきました。

本日24日は朝から雨。客足にどのような影響が出るのか・・・心配しながら会場入りすると、ステージ参加予定の団体から、太鼓が濡れるのが悲しいからと、辞退の連絡が。
イキナリの不安要素。でも、ベテランたちはそんな事にビクともしません。
「出演時間ずらせばいいじゃん。」
まさに出たとこ勝負です。
で、30分ほど時間をずらして、いざステージ開始。
こんなことやってくれたんだよ、って紹介を順番にします。

1.よさこい連 「よさこいソーラン」
よさこいソーラン1
ボランティア協会のメンバーによる踊りです。
女性メンバーの和風の踊りでした。

2.飯田手話サークル 「手話歌」
手話サークル5
手話による歌の発表です。
手話が速いのに驚きました。習おうかな~。

3.橋北ハーモニカ同好会 「ハーモニカ演奏」
橋北ハーモニカ1
福祉センターのある地元サークルによるハーモニカ演奏です。
なかなか味のある演奏でした。

4.あっぷるず 「手話ダンス」
あっぷるず2
手話を交えながらのダンスです。
姿がなかなかカッコよかった。

5.豊丘太鼓の会
豊丘太鼓29
和太鼓の演奏です。
間近で聴く和太鼓はまさにド迫力の一言。

6.信州おしなごの会 「おしなご演舞」
おしなご会1
おしなごとは、お手玉の事。お手玉の披露です。
小さい頃にやったお手玉を思い出しました。

7.飯田マジッククラブ 「マジック」
マジッククラブ2
本格的なマジックです。
お金を使ったマジックが面白かった~。

8.おかもち劇団 「南京玉簾、皿回し、こま回し」
おかもち04
古くから日本に伝わる芸能です。
初めて、南京玉簾を間近で見ました。すっげ~。

9.いいだパペットクラブ 「獅子舞、マジック」
パペット5
獅子舞やマジックなどです。
お笑い付きマジック。ナポレオンズみたい(1人だったけど)。

全部で9団体が参加、どの団体も会場を大いに盛り上げてくれ、降っていた雨もいつの間にかやんでいました。

そのほか、バザーや屋台村など、お買物のできるコーナーも大盛況。
バザー2
バザーです。開場前から人が並ぶほどの人気。

屋台村06
地元団体による屋台です。ステージの隣でおいしそうな匂いが・・・。

また、障害者による出店もありました。
ホール出店1
本を売っていました。

こんな事もやってました。
木工体験
木工体験。かわいい踏み台を作ってました。

その他、映画の上映やチャリティーオークションなどなど、ホントにいろんな催し物の3日間でした。
各団体のHPなど探してみましたが、なかなかありませんでした。
興味のある方は、飯田社会福祉協議会までお問い合わせください。
http://www.iidashakyo.or.jp/old/index.html

バーニーは今回初参加だったんですが、この地元にこんなにいろんな団体がある事に驚き、また、来場された多くの方々の姿に心が暖かくなる思いがしました。
そこには、健常者も障害者もない、1人の人間として接しあう、そんな姿がそこかしこに見えたからです。
最初に紹介したステージの出演者の中にも障害者がいましたが、他の人と一緒にはつらつとしていたのが、とても印象的でした。

人のぬくもりを感じられる・・・災害ボランティアをやっているときと同じ気持ちを感じ、来年も参加しようと思ったバーニーでした。

だから、来年はみなさんも来てネ(笑)。


※掲載の写真は、出演者に許可をいただいておりませんので、プライバシー保護のため、個人を特定できないように配慮しました。
2008
04/28
Mon
13:30:30
Category【 ボランティア 】
ブログパーツを通じて大きな問題の解決に参加してみませんか?
今回はボランティアとしての参加のお願いです。

すべての人が必要な保健医療を受けられる世界を作りだす。
こんな「変革:Change」に、今すぐ参加しませんか?

参加の方法は簡単。
オックスファム・ジャパンのMe Too署名フォームから、名前を記入していただくだけです。

oxfam1.jpg

oxfam4.jpg

届いたリリースによれば、現在、1日に3万人以上の人々が予防と治療が可能な原因で命を落としているそうです。医療が不足している…らしい、という雰囲気は判っていたつもりですが、数字まで提示されて理解したのは、今回が初めてでした。

月並みな感想ですが「ショック」です。

私たちは、当たり前のようにして、必要な時に医師にかかることができ、薬を買うこともできます。

しかし、世界の多くの人々にとって、これは「叶わぬ夢」であることが、まるで「当たり前」のようになってしまっています。

だから、その「叶わぬ夢」を「叶う夢」にできるようにと、いま『「me too!」キャンペーン」』が展開されています。

保健医療サービスの欠如は、人々に大きな代償を強いています。想像しがたい数の人々が、予防・治療可能な病気によって命を落としています。
●毎分1人の女性が、妊娠や出産に関する問題で亡くなっています。
●4,000人の子どもが、下痢で命を落としています。
●1時間に300人もの人々が、エイズによって患った病気で亡くなっています。

キャンペーンの内容は、今年7月に北海道洞爺湖で開催されるG8サミット(主要国首脳会議)に向けて、日本全国からの声を集める呼びかけをしているとのことです。

すべての人が必要な保健医療サービスを受けられるよう、署名、または、このブログパーツをあなたのブログに貼ることでボランティアにご協力いただけないでしょうか。

ささやかですが、私のブログにもパーツを貼りました。ご参考としてください。

https://www.oxfam.jp/whatyoucan/campaign/blogparts.html


あなたのブログに貼られたブログパーツを通じて、この切なる願いを大きくすることができます。

「すべての人に、生きるチャンスを」

oxfam2.jpg

oxfam3.jpg

皆さんのご協力を、ぜひお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。