08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
災害ボランティアコーディネーターの活動を中心に、日々の情景を切り取ってお知らせします。
--
--/--
--
--:--:--
スポンサーサイト
Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --
2009
07/19
Sun
21:59:19
前回ご紹介しました市民学習会の案内を、「広報いいだ」平成21年7月15日号に掲載していただきました。
お手元に広報いいだがある方は、9ページをご覧ください。
ない方のために、内容を以下に示します。


「地域防災力を高める市民学習会」

飯田・下伊那地域の災害ボランティア・コーディネーターを育成する学習会の参加者を募集します。

▲対象者
 ○ 飯田・下伊那にお住まいの方
 ○ 災害発生時に災害ボランティア・コーディネーターとして活動していただける方
▲日程・内容
 ○ 第1回 8月22日(土) 午後1時30分~4時30分
  ・ ボランティア・コーディネーターの活動について
 ○ 第2回 9月26日(土) 午前9時~午後4時
  ・ 図上訓練など
 ○ 第3回 10月31日(土) 午前9時~午後4時
  ・ボランティアセンター立ち上げ訓練など
▲会場
 飯田市勤労者福祉センター2階研修室
▲資料代
 1,500円
▲持ち物
 筆記用具、昼食(2回目、3回目のみ)
▲申込方法
 住所、氏名(団体の場合は参加者全員の氏名と代表者名および所属団体名)、電話番号を明記の上、FAXかメールでお申し込みください。
▲申込締切
 8月7日(金)
▲申し込み・問い合わせ
 飯田災害ボランティア・コーディネーター連絡協議会
 ℡・Fax 0265(27)3849
 Eメール hyouji@msb.biglobe.ne.jp


という内容です。
問い合わせ先が前回の案内と違ってますが、こっちに変更になりましたのでご注意ください。
(飯田市社協でも対応してくれますが・・・何せご迷惑がかかってしまうので。)
ちなみに、広報いいだが欲しいという方は、市役所や勤労者福祉センターで入手できます。


岡谷市の水害から今日で3年が経ったと、先ほどニュースで紹介していましたが、水害、地震など、実際他人事ではないんですよねぇ。
バーニーの家のすぐ近くも、土石流の危険地域があります。かつて大雨の際、実際に道路の一部が土砂で塞がれたことがありましたから(怖)。それに、我が家のほぼ真下には活断層があります(ホント)。マジで他人事ではないんだな、これが。
こんな人ばかりじゃないですが、この飯田下伊那地域も水害に見舞われたり、地震の危険地域に指定されていたりと、結構な危険地帯だと思っています。

実際に災害に見舞われたら、本当に頑張らなきゃいけないのは、そこに住む住民なんですね。阪神のときも、中越のときも、岡谷のときも、それから、たくさんの災害のすべて、一番頑張ったのは、ボランティアでも自衛隊でもない、地元の人たちなんです。お互いに支えあって、工夫しあって、励ましあって、頑張ったんですよ。

そのための知識や経験(シミュレーションですが)の一端を身につけるには最適な学習会です。
興味のある方はぜひお申し込みくださいね。
スポンサーサイト
2008
09/05
Fri
08:52:01
岡崎市災害ボランティアセンターの活動状況 続報です。

8月29日に設置しました防災ボランティア支援センター
を9月7日(日)17時をもって終了することに決定したそうです。


今回の被害状況並びにセンターの活動状況は以下のとおりです。

被害状況(県域)(9月3日午後2時00分発表):
    人的被害 死亡2名 行方不明者0名
    半  壊 1世帯(名古屋市)
    一部破損 2棟(ほか名古屋市で1世帯)
    床上浸水 0棟
    (最大値1,020棟 ほか名古屋市で1,149世帯)
    床下浸水 0棟
    (最大値2,763棟 ほか名古屋市で8,060世帯)

災害ボランティア活動(9月3日実績):
    活動実績:
    ニーズ受付     24件
    ニーズ対応     30件(9月2日までの受付分の対応を含む)
    ボランティア受付 201名
    活動内容:
    被災世帯の家財道具の運び出し、室内の清掃、泥出し 他
    
職員派遣(実績)
    8月31日 県社協3名、市町村社協 12名
    9月 1日 県社協3名、市町村社協 7名
    9月 2日 県社協3名、市町村社協 25名
    9月 3日 県社協3名、市町村社協 28名
    9月 4日 県社協3名、市町村社協 22名(予定)
    活動期間:8月30日~9月7日(8:30~17:00)

*センターでは、9月4日までに延べ1,918人のボランティアの方が
277件の被災者のニーズに対応しましたが、その活動もほぼ終息を迎えた
ことから、岡崎市はセンターを運営する社会福祉協議会、ボランティア団体
等からの意見も踏まえ、9月7日(日)17時をもって終了することに決定
しました。
また、9月5日(金)からのボランティア募集につきましても見合わせる
ことにしました。
 9月8日(月)以降については、岡崎市社会福祉協議会において、被災者
の支援をしていきます。

*センターでは、9月2日、被害の大きかった伊賀町に近い元能見町に
サテライトセンターを設置し、被害現場とボランティア支援センターとの
中継地点として、支援活動を実施しております。
 活動内容:家具の運び出し、泥だし、家屋内の清掃など


2週間弱でしたが、活動されたみなさん、お疲れ様でした。
完全復旧までは、まだかかると思いますが、頑張って下さい。
2008
09/01
Mon
22:05:22
愛知県内での災害ボランティアの活動に関する続報です。

岡崎市のセンターでは引き続き活動中で、ここのブログ(リンクです)で、活動の状況が確認できます。
新しい情報についても、このブログで確認できますよ。

また、他の愛知県内の状況も公表されており、名古屋市内でも支援センターが設立されるとともに、岡崎市と名古屋市では災害救助法の適用がなされたそうです。
その他の愛知県内の関係機関のリンクが、
このページ(リンクです)に載っています。

まだまだ現地では混乱が続いているようです。
被災された皆さまには、1日も早い心の安らぎと安心して生活できる環境の確保ができますよう、心から願っています。
2008
08/30
Sat
21:51:10
去る8月28日未明からの、愛知県内の集中豪雨はかなりの被害をもたらし、特に岡崎市では、400世帯以上が床上浸水による被害を受けました。
その岡崎市で、災害ボランティアセンターが設立されました。

この情報は、愛知県社会福祉協議会のHPに掲載されており、既にボランティアセンターのブログも立ち上がっています。
愛知県社会福祉協議会ブログ

このブログによれば、現在、愛知県内からのボランティアのみ募集しており、県外からのボランティアには遠慮を願っているようです。
また、支援物資の受付は行っていないとの事です。
詳しくはブログをご覧下さい。


ここで、バーニーから、愛知県外に住むみなさんへお願いです。
現在、多くのボランティアが現地入りしても対応できる状況になく、そのあたりを見越した上での行政・社協の判断だと思います。
現地へ行かなくても支援できる事は必ずあります。
現地のボランティアセンターの指示に従い、マナーを守るようにしましょう。

また、今後も暫くは悪天候との予報も出ています。二次災害の可能性もあります。興味本位で現地入りすることは絶対に避けてください。

バーニーの所属する飯田災害ボランティアコーディネーター連絡協議会も、愛知県の団体と交流がありますが、現在、現地入りについては様子を見ている状態です。


ちなみに、バーニーにも岡崎市在住の知人がおり、29日朝に安否や災害の程度など、電話で確認しました。
幸い、その知人は被害に遭遇せずに済んだとの事ですが、やはり現地は騒然としているようです。


本件については、バーニー自身も情報収集に動いています。今後に新たな展開等があれば、当ブログでも随時紹介をしていきます。

全開のブログでも書きましたが、今後、日本でもこのような集中豪雨が増えることが予想されています。決して人事ではないと思います。
みなさん、それぞれにできる事から始めませんか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。