09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
災害ボランティアコーディネーターの活動を中心に、日々の情景を切り取ってお知らせします。
--
--/--
--
--:--:--
スポンサーサイト
Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --
2008
04/10
Thu
20:35:30
Category【 新潟県中越地震 】
新潟県中越地震は、2004年(平成16年)10月23日(土)午後5時56分に新潟県中越地方を震源として発生したM6.8、震源の深さ13kmの直下型の地震です。
1回目の地震の後も数日にわたって余震が続き、10月23日には震度4以上の余震が20回観測されたそうです。
バーニーも現地で数回、大きな余震に見舞われ、柱の亀裂が目に飛び込んできたときの、何ともいえない怖さを思い出します。

建物崩壊やショック死、エコノミークラス症候群などで、最終的には67人の方が亡くなられ、4,800人以上の方々が怪我を負われました。
亡くなられた方の中には、土砂崩れに巻き込まれた、あのご家族も含まれています。

全壊の建物428棟を含め、合計1万831棟が損壊しました。
避難者は一時10万人を超え、被災後1週間後も7万6600人もの方が避難生活を余儀なくされました。
その後、仮設住宅が建設され、続々と被災者が入居しましたが、最後の方は、昨年末まで仮設住宅で生活していたなど、みなさんも記憶に新しいと思います。

この地震では、上越新幹線で新幹線史上初の脱線を経験し、また、関越自動車道北陸自動車道も各地で寸断・通行止めとなり、物資搬入を困難なものにしました。

集落では、古志郡山古志村(現 長岡市)、小千谷市など、各地で孤立し、自衛隊などによる必死の救出作業が行われました。
電気、ガス、水道などのライフラインも広範囲で使用できなくなり、復旧は難航し、被災者は不自由な生活を強いられるなど、昨年の中越沖地震とほぼ同等の、大災害であったのです。


そんな状況の中、バーニーは現地へ向かったのです(続く)。



-参考資料:新潟日報社 特別報道写真集「新潟県中越地震」-
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。